艶々習慣について知恵袋など評判が気になる方へ

艶々習慣の口コミは当てにしても良いのか検証!

ac9d98555fdcc08cce8354e99808f5eb_s

今やシリーズ累計販売35万個突破の大人気オールインワンジェル、艶つや習慣は口コミでは首元や頬、胸元のイボに効く、さらには毎日のスキンケアとして使えるなどとよい評判を耳にしますが、一方では悪い口コミも見かけることも少なくはないです。

だからこそ「艶つや習慣の口コミは当てにしても良いのか」という疑問の声が多いと感じます。そこで、よい評判と悪い評判の両方を見ていきたいと思います。

 

艶つや習慣の良い口コミと悪い口コミ

 

47歳 女性

最近、首元にできたイボが気になるので使い始めたのですが、徐々に首元のイボが小さくなってきて、1か月もしたら完全に消えてなくなっていました!

お肌もつるつるになるので、今は毎日のお肌のお手入れとしてお風呂上りに使っています。

 

55歳 女性

年齢と共に肌のポツポツが気になり始めたので友人に相談したところ、老人性のイボには艶つや習慣がいいと勧められました。ふたを開けたら赤いジェルがたっぷり入っていて、あんずの甘い香りがしました。これは肌に良さそうだと使い続けると、肌のポツポツが消えるどころか、肌にハリが戻ってきました!

これからも使い続けたいと思いお得な定期便を申し込みました。

 

43歳 女性

 

夫の実家に帰ったとき、義母が使っていたのが目に入り、自分も頬のポツポツや乾燥肌が気になっていたので1つもらって帰りました。

確かに使い始める前と後では肌のツヤやハリが全然違いました。しかし、頬のポツポツの方は3カ月以上たってやっと取れました。義母は半年ぐらい継続したらポツポツが取れたと言っていたので効果が出始めるのは個人差があるのだと思います。

 

62歳 女性

 

胸元にできたイボが気になり様々なケア用品やエステを試したのですが、イボが小さくなったと思ったらいつの間にか元の大きさに戻るの繰り返しで…

何とかしたいと思って自分に合いそうなものを探していたら艶つや習慣という商品があると知り、あんずとハトムギのエキスが肌によさそうだと思い買うことに決めました。

使ってみると、なかなか取れなかったイボがきれいにポロポロと落ちていきました!

また、これまでの商品と違い大容量なのでたっぷり使えてうれしいです。

 

60歳 女性

 

首元のポツポツが気になり塗っていたのですが、使い始めてから3日ほど経った夜に痒くなったので鏡を見ると塗った場所が赤く腫れていました。

妹も使っているのですが痒みも腫れもなかったらしいです。もともと敏感肌のせいなのか私の肌には合わなかったようです。

 

悪い評価の理由とは?

 

口コミを見ていると効果が出始めるのは使い始めてすぐの人から1か月、さらには半年以上と、かなり個人差があります。そもそも肌にはターンオーバーという肌が生まれ変わるサイクルというものがあります。

ターンオーバーは年齢を重ねるごとに弱まっていくので、ターンオーバーのサイクルは長くなり、古い皮膚が蓄積されていきます。さらに、紫外線を肌に浴びたり、肌と衣服やアクセサリーが擦れたりすることでターンオーバーのサイクルが乱れることがあります。

だから、艶つや習慣を使うときは生活習慣を整えたり、紫外線対策をしながら長い目で使ってください。

 

艶つや習慣は誰でも使える?

肌が弱い男性やデリケート肌の人にもオススメ出来るの?

艶つや習慣にはイボの外用薬の主成分であるサリチル酸が含まれていません。サリチル酸とは角質を軟化させる作用や抗菌作用があり、それほどデメリットはないのですが正常な皮膚に塗ると溶解してしまうことがあります。

艶つや習慣はこの成分が含まれていない分イボの外用薬ほど即効性はありません。その分お肌への負担は少ないので、艶つや習慣の中にアレルギーを引き起こす成分が入っていない限り、敏感肌の方や小さなお子様、高齢の方にも安心して使っていただけます。

高齢の方は先ほども記述しましたが、年を重ねていくと皮膚のターンオーバーのサイクルが長くなるので効果が出るまで時間がかかります。

男性の方はもともと化粧品を使わないかもしれませんが、普段お肌のケアをしない分女性よりお肌が紫外線のダメージを受けています。むしろ男性のほうがお肌のケアをちゃんとしたほうがいいのです。

オールインワンの化粧品なので、なにを使ったらよいか分からない男性もこれ1つで簡単にイボのケアができます。また男性のユーザーの多くはシェービング後の肌のお手入れに使っています。

それでも肌に異常がある人は、防腐剤に使われているエタノールやフェノキシエタノールの副作用で赤くなったり、かゆみが出てしまっていると考えられます。

しかし、この防腐剤の役割をする成分がなければ、化粧品の寿命を知締めてしまうことになるので、うまく付き合っていく必要があります。

もし肌の弱い人いや敏感肌の人が使用する場合は医師によく相談してから使用する、使用量を減らしてみるなどしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です